スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の街

久しぶりの更新です!!!!
なかなか日記をかけてなかったんですが
私はこの国のゴリゴリの暑さに負けずとっても元気です!


いろいろ書きたいことはあるけれど
まずは私の任地紹介を!


私はドミニカ共和国のプエルトプラタという県に住んでいます。
プエルトプラタとはスペイン語で「銀の港」という意味で
たくさんのビーチにかこまれている観光地。


プエルトプラタ県はドミニカ共和国の北中心部に位置していて北は120キロの海岸線が続き、南には大きな山脈をもつ自然に囲まれた県。
人口は30万人、首都から北へ車で4時間の場所。


街の中心部には景色を見渡せる山があって
ロープウェイで登った時の上空からの景色がこんなかんじ。

プエルトプラタ(上空からの景色)


もともと16世紀初頭からスペインの植民地として栄えたので
コロンブス絡みのおもしろい歴史がなんだかんだとあるので
それはまた後日日記で。


その後1863年に戦時下の火事で街は全体が焼けてしまって
その後の再建で、当時最新のビクトリア風の建物が建設されて栄えはじめたので
この街にはあちこちにヨーロッパを感じさせる建物が今でも残っているんです。


例えば町の中心にあるこの公園なんかもその一つ。
私の家から徒歩一分の場所にあるので
よくここでぼんやり過ごしてます。

プエルトプラタ(公園)


この国のほとんどの人がキリスト教を信仰していて
街中には教会もたくさんあって宗教については興味深いところ。
私も日曜の午後は家族と一緒に教会に通ったり
毎食事前には「アーメン」ってお祈りをしたりしていまーす。
プエルトプラタ(教会)


ちなみに夜の公園はますます素敵!!
住民の人たちが本を読んだり音楽を聴いたり憩いの場所。
発展途上国にいることを忘れてしまいそうになるほど!!
プエルトプラタ(夜の公園)

ちなみにこの国の人はとにかくイベント好きなので
週末になると頻繁に公園でイベントが開催されて
こんなにここに人が住んでいたのかと驚くほど
みんなここに集まって踊ったり歌ったり踊ったり踊ったりして
騒ぎ倒してます。


プエルトプラタ(イベント)

海岸に沿って広い道路が続いていて
マレコンと呼ばれるこの通りは
毎朝毎夕地元の人たちのお散歩スポットのひとつ。


プエルトプラタ(マレコン)


最近は学校が夏休みに入ったので
街にはたくさんの子供たちが。
一部のこどもたちはバカンスの間、アメリカ、スペイン、メキシコ、ドイツ、イタリアなど
海外に住む家族のところへ1~2ヶ月間滞在したりするよう。


プエルトプラタ(街の女の子)


プエルトプラタ(


最近ますます暑くなってきております。
もちろん一般家庭にはクーラーなんてないので
みんな家の外で椅子に座って2時間でも3時間でも
何をするでもなくこんな風に日陰でのんびり過ごすのが
この国の人たちは好きみたい。


眠くなったらたら寝て、お腹がすいたらごはんを食べて
友達が通りかかったらおしゃべりして、そしてまた椅子に座る。


日本人にはない時間の過ごし方のような気がします。

プエルトプラタ(街の人1)





そしてもちろん観光地なだけあって
プエルトプラタにはたくさんのビーチが!
私の任地の観光地も今後どんどん紹介していきます~!



プエルトプラタ(周辺の海)


任地に来て3ヶ月目に入った今、生活には慣れてきたものの
それでも毎日いろんなことがあって
新しいことを知ってたくさんのことに驚いて
意味不明なスペイン語で頭が割れそうになったり
なにより暑くてそれが一番大変だけど
元気にやっております!


仕事のこと、生活のこと、歴史のこと、宗教のこと、文化のこと
たくさん思うことはあって
これからどんどん日記に更新していくのでヨロシク!
みんなの近況もたのしみにしとります!


アディオス!




スポンサーサイト

<< くるま | ホーム | 空手 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。