スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島とドミニカ共和国

ドミニカ共和国は国技といわれるほど野球は盛んだ。
唯一この国に来る前から知っていたドミニカ共和国の情報の一つに「広島カープのアカデミーがドミニカ共和国のどこかにあるらしい」ということがあった。


出国前に、広島の呉のコーヒーショップで「ドミニカープ」というコーヒーのメーカーを見かけて、広島とドミニカ共和国のささやかな繋がりに興奮したのもよく覚えている。



カープアカデミーオブベースボールは、野球の盛んなドミニカ共和国において、プロ野球で通用する若手有望選手の育成をめざして、カープ球団が運営する野球学校で、首都から車で1時間半のサンペドロ・デ・マコリスという街にある。選手は敷地内の寮に住んでおり、生活費や日本への交通費など全て広島カープが負担しているのだそうだ。すでに、日本球界のみならず米大リーグで活躍中の選手を輩出していて、注目を集めている。



というわけで、先日いい機会があって
韓国人ボランティアの友達と一緒に訪れた。


入り口はこちら。
門番もいて誰でも入れないようになっている。

IMG_7772.jpg







事務所には広島カープの社員(日本人)の方が3人ほど駐在されており
他にドミニカ人スタッフもみかけた。


館内には日本の新聞記事や写真などが飾られてあった。

IMG_7780.jpg


もちろんドミニカ共和国出身の選手の活躍記事も。

IMG_7782.jpg


広い敷地内を5分ほど歩き続けると選手たちの練習風景がみえてきた。


IMG_7784.jpg



私たちを見て、陽気な選手たちが「コンニチハ!」と日本語の挨拶で迎えてくれた。

IMG_7785.jpg


練習所に到着すると一人の同じ歳くらいの日本か女性が座って練習を見学していた。
話をきいてみると野球もカープも大好きなんだとかで、1人旅でここのアカデミーを見るためにわざわざ日本から訪れてきたという。
どこでスペイン語を覚えたのか聞くと、ここに来るために勉強したというから驚いた。
地球の反対側までリュックサックひとつででて来る勇気も語学力にしても
何かを「好き」というエネルギーは人をたくましくさせるものだと感心した。



というわけで、早速練習風景を見学させてもらった。

IMG_7802.jpg



立ってみていると「ここに座りなよと」「喉渇いてない?水いる?」と、みんなとても気さくだ。
日本に行ったことのある選手も多く「広島に住んでいたよ」と話すと、「ヒロシマ、オモシロイ、スキ。 ナガサキ、キライ、オモシロクナイネ」と、うれしそうに片言の日本語を話す。

IMG_7798.jpg



一番驚いたのはみんな背が高い。
長身の私もスッポリ埋もれてしまうサイズだった。


IMG_7794.jpg


いつか大舞台に立つことを夢見てガツガツやっている・・という印象全くなく、練習風景はとても穏やかで「このあとココ(ココナッツジュース)飲もうぜ」とか「昨日ギター弾いて見たんだ」とか、キャッチボールをしながらそんな会話も聞こえてきた。


IMG_7809.jpg


いつか日本のTVで彼らの活躍が見られたら嬉しいなーって思った!






今回の音楽は、ドミニカ人歌手Juan Luis Guerraが歌う「BACHATA EN フクオカ」という曲。
彼は日本の福岡でコンサートをしてこともあり、その際に歌った、福岡をテーマに歌った曲で中南米のグラミー賞も受賞している。

こちらで日本人というと出身は「トウキョウ?フクオカ?」と聞かれるほど
ドミニカ共和国ではこの曲の影響で福岡の知名度はとっても高い。



Bachata en Fukuoka
スポンサーサイト

<< クリスマス | ホーム | もうすぐクリスマス >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

カープさんへ

・・・・!!

何よりものサプライズコメントありがとうございます。
突然お邪魔したにもかかわらず、ご親切に対応していただき、楽しませていただいてありがとうございました。
しかし偶然にしても・・・たまたま見つけたんでしょうか?このブログ。
まさかのサプライズコメントにとっても驚き、気さくにコメントしていただいたことをとっても嬉しく思います。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。