スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐクリスマス

昨日、ギュウギュウのバスに乗っていた。

私の両膝には両隣のに座っているドミニカ人片尻がそれぞれのっかって
誰もがすっかり身動きはできない状態だ。

許容範囲を倍以上に超えた密度でさすがにこれ以上はもう乗ってこないだろうと
誰もが確信していたときに、カバのような超巨大なドミニカーナが乗ってきた。


運転手が思わずこう叫ぶ。

「エイエイエイ!ゴルギータ(おでぶちゃん)!勘弁してくれよ、もう乗れないよ。」

女性 「乗れるわよ、もっと詰めてよ」

運転手「太りすぎだろ、ダイエットしろよ」

女性 「何よ、なんであんたにそんなこと命令されないといけないのよ、私の彼氏でもないのに」

運転手「だって、太りすぎだろ」

女性 「それなら私じゃなくてママに言ってよ、ママが料理しているんだから」

運転手「毎日何食べてるんだよ、特大ステーキ?スペシャルケーキ?大量のお米?」

女性 「全部よ」

(車内爆笑)

乗客 「でも、彼女特大サイズのいいお尻してるじゃないか、オレは好きだよ」

女性 「あら、ありがとう、この大きなお尻は私の自慢なの」

運転手「おー、カップル誕生だね、おめでとうさん、好きにやってくれよ、但しバスを降りてからで」  


と、こんな自由な会話が飛び交う。



この国では知らない人を呼ぶときに、パッと見たと時の特徴で呼ぶ。
失礼とか相手の気持ちを・・とか、そんなものは関係ない。


例えば
太っていれば、ゴルギータ(おデブちゃん)
痩せていれば、フラキータ(細い人)
黒人なら、ネグロ(黒色)
白人なら、ブランコ(白色)
金髪なら、ルビア(金色)
美人なら、ボニータ(かわいい)

なんとも単純な発想。


この前薬局にいったときにコカコーラの補充をしていた業者に
薬局の人たちが「オラ、コカコーラ!」と呼んでいたのをきいて笑えた。
とにかく何でもありのようだ。




今日も家の中はロスメリーの花歌声が響いている。
お掃除をしながらレゲトンを歌う。


103_4312.jpg



歌いながらお掃除をするロスメリーは見ていてほほえましいが
長女のナティーは踊りながら掃除をするので笑えてしょうがない。



103_3632.jpg


ネリアはクリスマスにむけて家の壁を塗り替えている。

私たちが住んでいるアパートはもちろん貸し屋なのに
好きなところにガンガンと壁に釘をうったり壁や扉の色を塗り替えたり・・

「自分の家じゃないのにそんな勝手にやりたい放題していいの?」と聞くと
「ほら、みて、かわいくしているんだから問題ないのよ」
とまったく納得のいかない答えと笑顔が返ってきた。


ここではなんでもありなんだなと本当つくづく驚く。



103_4367.jpg


活動の方はというと、昨日オーシャンワールドというプエルトプラタにある動物テーマパークのような所へ観光誌を作るための情報収集にいってきた。

ここは大型ホテルとテーマパーク、アパート、マンション、レストラン、ディスコ、そしてクルーザーが停泊できる港などが全てそろった集合観光地区である。


ここにあるイルカのラグーンは世界一の広さを誇る。

103_4415.jpg


欧米が冬の季節を迎えているのでトコ夏のドミニカ共和国にバカンスに訪れる観光客が増え、観光シーズンを向かえていることもあり、観光客も増えてきた。

楽しそうにバカンスを過ごす家族連れが目立った。

103_4419.jpg


予め観光省からレターを送って話はしてあったので、イタリア人とカナダ人のマーケティング担当の方が丁寧に案内してくださったのはありがたかったのだが「スペイン語でお願いします」と何度もいっているのに、私のスペイン語がまだまだ乏しいのと、欧米人には「日本人は英語がわかる」というイメージが強いらしく英語で説明されるので、途中から言っていることがさっぱりわからなくなった。

が、私は平気だった。


前までは「英語が話せたらなあ・・、帰国したら勉強しようかな」なんて思っていたはずなのに
その状況にすっかり慣れてしまい、このだらしない私の性格も手伝って今では英語は「無視」することに慣れてしまったのだ。


何でも物事に慣れるまでには時間を要する。

後ろに転んでも前に転んでも慣れるまでに費やす時間はたいてい同じだが
私の場合後ろに転ぶことが多いことを最近自覚した。


それでも私は平気だ。


後ろに転ぶことにさえも慣れてしまったたからだ。
慣れたというより、ここで学んだといった方が正確かもしれない。


あれもこれも同時にやることはできないし
何かを選ぶときは何かを諦めないといけないし
何かを頑張ったあとはしっかり休まないとね。

そう思えば昔の私はアレもコレもと欲張りだったなーと思い出す。





鳥もたくさんいた。

103_4392.jpg



鳥はあまり好きではないのだが
はじめて鳥をキレイだなーと思った。


103_4401.jpg


担当の方が一生懸命いろんな鳥の説明をしてくれたのだが
私は終始、上から糞が落ちてこないかそれだけが心配で
そそくさと鳥コーナーを後にした。


103_4409.jpg



本題に入る前に近況だけでなんだか長くなってしまったので
ここで一回終わらせるとする。

本当なら私はこの国に居る間、毎日でもブログを書きたい。
この国での日常は本当にとてもおもしろいからだ。
楽しいことというより、呆れること、信じられないこと、くだらないことがほとんどだが、日本に居るみんなとそれを共有できたらもっと楽しいだろうと思うから。


でも、ここは毎日電気があるわけではないし
家族といる時にパソコンに張り付くわけにはいかないしで
ちょっと難しいのが残念だ。


長くなったので一回終わらせようと思ったが
今日は電気もネットもあるのでやっぱり続けることにする。



今回は私の友達のマリアを紹介する。



私のことを孫のようにかわいがってくれて
私も自分のおばあちゃんのように慕っているマリア。

103_2090.jpg



彼女はとってもパワフルでやること成すことスケールが違って一緒にいるととてもおもしろいのだ。


友達を家に招待して食事をしたりパーティーをしたりというのは
この国ではよくあることだが、彼女の場合はスケールが違う。
「みき、パーティーをするわよ!」とその思いつきのような彼女の一言で計画は始まった。



普通ならラジオを大音量にして家の中で踊るところだが
彼女の場合、ラジオではなくまず、首都から音楽隊を呼び寄せる。
そして生演奏で踊ることに。

103_3726.jpg


場所は家でも近所の公園でもなく、大きなイベント会場を貸しきる。
ブルガルという例のドミニカ共和国で一番大きなラム酒の会社とも
どうやってか知らないがいつのまにか協力してもらって
バーカウンターやステージも設置される規模だ。


呼ぶ友達の人数も半端ではない。
夕方の6時からはじまったパーティーには
百人以上の人が集まり、踊りはじめる。

103_3752.jpg


9時を過ぎてもとにかく踊る。

103_3758.jpg


12時を過ぎても、おじいちゃんだっておばあちゃんだって
元気に踊る踊る踊る。

103_3775.jpg



夜中の2時、気が付けば彼女は自らステージにのし上がって踊っていた。

103_3779.jpg


夜中の4時。
なんだかマリアはもう空へ飛んでいきそうである。

つい昨日視察で訪れた時にみたオーシャンワールドで見た
例のカラフルな鳥を思い出させた。


103_3745.jpg



パーティーが始まってから10時間後
朝の5時・・・やっと終わった。。

全身汗だくでヒールの靴を履いていた私の両足はピクッ・・ピクピクッ・・と痙攣していた。
走ったことはないが、24時間マラソンを終えてやっとゴールしたような、そんな気分であった。


103_3742.jpg


私はクタクタでひっくり返りそうだというのに
後で知ったのだが彼女は朝の5時からモリモリと準備していたというから
もう本当に信じられない。



その日は彼女の家にと泊まらせてもらう。


10時頃目が覚めると彼女はとっくに起きており
掃除も済ませて私の朝ごはんを用意してくれていた。

103_3781.jpg


私の大好物のシュカ芋とチーズの揚げたやつだ。
私がコレが好きと知ってから、毎回マリアはコレを用意してくれるのだ。
そしてオリーブオイルなどをかけてちょっとオシャレに味付けされた彼女の料理はいつもとってもおいしい。


103_3784.jpg

ちなみに写真をみてのお分かりの通り
彼女は朝から「肉」を食べる。




朝食を終えると彼女がいないことに気が付く。
家中探し回っていると、お庭のプールでひまごさんと遊んでいた。

103_3800.jpg


そう、彼女の家はプールつきだ。
どこかのお城に迷い込んだかのような
大きなおうちだ。


どのくらい大きな家かというと
まず、入り口の門から玄関までが遠い。


103_3807.jpg


初めてお泊まりにお邪魔したときに
「ベットは15つあるから好きな部屋で寝て」
と言われて唖然とした。



そして、午後から夜にかけてクリスマスに向けての準備を手伝った。
もちろんそのスケールもスゴイ。



家中の家具をぜんぶ倉庫へ運び出し
それはそれは大規模のデコレーションがはじまる。

なんだかいろんな道具がでてきて
彼女は建築か大工かそれ関係の経験があるのかと思わせるほど
慣れた手つきでそれらを使いこなす。

103_3935.jpg





彼女のほかの友達もてづだいにきて
音楽や電気の接続までますます大掛かりに。

103_3940.jpg


どこからかペンキやらハケやらでて
色塗りも彼女自らやってでる。


103_3938.jpg



私は電車の線路を担当した。


103_3930.jpg



そして着々と日数をかけながら
デコレーションの準備はこんなかんじで家全体に広がる。

103_3722.jpg




そして最初にデコレーションが完成したのは台所。

103_3782.jpg



ひとつひとつの食器もぜーーーーんぶクリスマス。

103_4335.jpg



そしてトイレ。


103_4330.jpg


1ヶ月半かけてのできあがりはこんなかんじ
そこにはミニチュアのかわいらしいクリスマス色の街が。

103_4318.jpg


ひとつのスイッチをいれればたくさんの音楽とカラフルな光が点滅し
電車が走り出し、ミニチュアの街中の家に電気が灯る。
また違うスペースには違う街が広がる。

よくみると、たくさんの人が街を歩いていたり、自転車にのってプレゼントを運んでいたり、ひとつひとつの細かいこと・・・

103_4320.jpg



天井に届きそうな大きなツリーも完成した。

103_4327.jpg



あくる日にはテレビ局が、小学校の生徒さんが
あくる日にはドミニカ共和国海軍候補生たちが・・
それまたいろんな人がそれを見に訪れる。

103_4346.jpg


私もこちらの家族を連れて行ったら
驚きのあまりナティーはカチンコチンになっていた。笑

103_4341.jpg


マリア75歳。
やる事成す事、その規模も普通の人の75倍!笑

毎朝6時におきて出勤前にジムで1時間運動し、8時から5時までは自分の経営する旅行代理店デモリモリ現役で働き、お手伝いさんを雇うこともなく料理、洗濯、掃除、全ての家事を自分でこなす。



彼女は、私の日本の家族がドミニカ共和国に遊びに来たときも
自らの手料理を用意して、うちの父親、母親、妹を招待してくれた。


彼女がこんなにも私に良くしてくれるのは日本が大好きだからだ。
彼女は今まで50カ国以上を旅しているが、日本が一番好きなんだとか。


彼女は「日本人ほど教養があり、人に優しく、美しい国は他にはない」と言う。
日本人としてとても嬉しい限りである。


あと4ヶ月で帰国だ。


帰国をまじかに一番の私の心配といえば
マリアのそのスバラシイ日本人のイメージを
私が崩してしまっている気がしてならないことだ。。。汗


日本もすっかりクリスマス模様だろうか。
みなさんも家族と、恋人と、友達と、楽しいクリスマスを・・・★


今回のこちらの音楽は
今町中あちらこちらで流れていて
聞こえるとみんな踊ってしまう
ドン・オマールのこの曲。



Don Omar - Danza Kuduro ft. Lucenzo




スポンサーサイト

<< 広島とドミニカ共和国 | ホーム | 食生活 >>


コメント

すんっごいお母さんじゃね。
去年、La Vegaの市役所にもミニチュアの飾りがあって見所になっとったけど、そっちのほうが規模がすごい。時計の数も多いー。
けど、朝ごはんはやっぱりジュカとチーズ食べるんじゃね。

たいちゃん

ハハハハ!
そうなんよ、やっぱり朝ごはんはジュカなんよ。

なんかマリアのおうちはムセオみたいなかんじよ。
1月までデコレーションは飾ってるみたいやから
こんどプエルトプラタきたら遊びにいこうや★

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。