スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族

最近オフィスには毎日電気があって私用のパソコンも手元にあるという
ずいぶん快適な環境になったので
今日からできるだけ毎日ブログ更新を再開していきまーす。


最近会った素敵な女性がコチラ。
私のホストマザーのネリアの妹さん。
いつも元気いっぱいで、ダンサーの仕事もしている。

103_2236.jpg


ネリアは黒人だけれど妹さんは白人。
この国の人種は混血なので両親が同じでも
兄弟でも肌の色や目の色か髪の毛が違っているのはあたり前。


ちなみに彼女は今ドイツに住んでいる。
彼女のように結婚して海外に住むドミニカ人はとっても多い。


たとえばネリアは6人兄弟だがネリアと次男だけドミニカ共和国に住んでいて、残り4人はニューヨークに2人、スペイン、ドイツにとみんな海外に住んでいる。


ドミニカ共和国は観光国なので特に外国人の出入りが多いということもあるのだが
ここは発展途上国なので外国人の結婚すれば生活に困らないというシビアな発想もあって
「お金」「ビザ」目的として外国人はモテるのも現実だ。

 
そしてドミニカ人は熱しやすく冷めやすい国民性も手伝って、結婚しても気が変わったり愛が冷めたら半年といわず一ヶ月後でも平気で離婚する。
外国人と結婚した場合もお金やビザを手に入れたらすぐに離婚することも多いのも現実だ。



ちなみにネリアの妹さんの名前はソフィー。
そして彼女の彼氏がこちら。

103_2233.jpg


と・・・・


お似合いのカップルとよく間違えられる2人だが
彼は彼女の16歳の息子さん、名前はジョニー。


ドミニカ人は毎日よく笑い、踊り、遊び、
常に誰かに恋をしているので
みんな見た目も発想もとても若いのだ。


ちなみジョニーはソフィーのドイツ人の旦那さんとの子供ではなく、彼女の昔のドミニカ人彼氏との子供だ。
そしてドイツ人の旦那さんも前妻との子供が3人いる。


もうひとつ言えば、そのドイツ人の旦那さんとは離婚はしていないがここ2年間別居中で
ソフィーには今他のドイツ人の彼氏がいるし旦那にも彼女がいるそうだ。


そんなかんじで、この国では日本の「家族感」とはとてもかけ離れた「家族感」が存在している。


話はもどって、ジョニーは今回ドイツから、自分の母親の元彼氏である、自分のパパに会いにきたのだ。


ちなみにジョニーのパパは今アメリカ人と結婚して現在マイアミに住んでいて
クルーズ船で仕事をしていて今回その船がドミニカ共和国に寄航するとのことで
ここで会う約束をしたとこのと。


息子と父親、住んでいる国は違っても毎週末必ずパパは息子に電話をしていて、今回の航空券代も滞在費も全部ジョニーのパパが払ってくれているとのこと。


こんなふうにドミニカ人は何も考えずに
自由に恋をして自由に子供を作ってしまうので
家族が海外にいることは珍しくない。



でも、両親が離婚しても父親は父親、
母親は母親として離れている子供と頻繁に連絡を取り合い
誕生日には必ず会いに行ったりクリスマスは一緒に過ごしたり・・


たとえばある子供の父親が離婚後、再婚して違う家族を持っているとする。
父親の初婚の子供と、再婚相手との子供が一緒に仲良く遊んで
両方の子供が父親と一緒に夏休みの間2ヶ月ほど一緒に滞在したりする光景はよく目にする。



日本とは違った家族の形がここにはあって
たくさんの家族はみんなずっとつながっている。









スポンサーサイト

<< 商売 | ホーム | 日本へ一時帰国 >>


コメント

ごぶさた・・

元気なようで、良かった~。
後ろから、出国を押したひとりとして、
最近の天変地異には、ちょっと、責任を感じていました。
一時国で、彼氏にも会って、少しは安心できたのでしょうか。
次回、帰国するときは、連絡をくださいな。
成田まで、迎えに行きますよ~。

おー!

おかさん。

お久しぶりです。
私はすっかり任地でほっこりと毎日穏やか日々を過ごしています。
をかさんは元気ですか?!
あっという間でもうあと10ヶ月で帰国です。
東京で必ず会いましょう!
おかさんと話したいこと、盛りだくさんですよ!

今は、世田谷です

あと、10ヶ月ですかぁ。早いですねぇ。東京で時間があれば、美味しい中華など、ご馳走しますよ。豆大福や、どら焼きも、用意しておきます!
良ければ、また、事務所に泊まってください。

日本も熱帯に編入されました(?)

スペインの写真を以前、見せてもらったことがありますが、以前から上手だったけど、どんどん、上達してますね。
写される人が、みなさんすごく良い表情で、心を開いているのが感じられ、見ていて、心温まります。これは、きっと、あなたが現地の人に受け入れられていることの証明なのでしょう。
日本も、素晴らしい人材を送り込んだモノです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。