スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニカラグアという国

ニカラグアという国について唯一聞いていた情報が
中南米の国の中でも「最貧国の国」ということ。


興味はあったけれど全くイメージのわかないまま立ち寄ってみた
ニカラグアという国。



コスタリカからニカラグアまでは陸路で移動し
バスで8時間。
入国手続きに2時間ほどかかったので実際は6時間ちょっと。


入国中審査中に私の荷物の札がなくなってゴソゴソと探していたら
入国審査官に「探さなくていい、問題なく通してあげるからお金をくれ」と
小声でいわれて入国早々ドキッとしたりもした。



入国の待ち時間に路上ニカラグア人のおばちゃんから
ハンモックを買った(5$)。
将来のおうちの庭につけて昼寝をする予定.



nica2.jpg



ニカラグアに無事入国して
降りたバス停がここ。


何もなかった。。。


最貧国ときいていて構えていたが
お隣の国コスタリカとは全く似つかず
むしろドミニカ共和国になんとなく雰囲気が似ているので
少し驚き、親近感がわく。


nica1.jpg



ここからグラナダ行きに乗り換えて40分後に
首都マナグアから45キロ離れた
目的地の「ニカラグアの古都」グラナダに到着。

グラナダはスペイン人がニカラグアで最初に創設した町で
想像以上にとてもかわいらしく綺麗な町並。


nica5.jpg


コロニアルの町並みがきれいに残っていて
中世の一場面のような景色が続く。



nica4.jpg


早速ホテル探し。
目星をつけていたホテルが改装中だったので
その近くの同じようなホテルに泊まることに。


それがなんともかわいらしいホテルなこと!
ホテルの入り口の壁には門のペイントが。


nica6.jpg



どのホテルも小規模のこじんまりしたホテルだが
中に入ると絵本の中に混じりこんだような
こんなかわいらしい内装。


nica7.jpg



小さなプールも併設。
1泊朝食付きで30ドルとは思えない快適さ。


nica10.jpg


部屋の中はこちら。
とっても可愛い!


nica9.jpg


3階のバルコニーからのニカラグアの景色がこちら。
プレハブの屋根の上に瓦が並べられてあるという
中南米では見慣れない景色が楽しめる。



屋根の向こうには教会や火山やみえる。




nica11.jpg


朝食なんて小鳥のさえずりを隣に
こんな素敵なところで。


nica8.jpg


ニカラグアの朝食はこちら。
パンとフルーツか
豆ご飯とたまご。


そして中南米の朝食にはずせない
コーヒーももちろん。



nica12.jpg



ちなみに昼食はこちら。
ニカラグアの食事はとてもおいしかった。


そしてドミニカ共和国やコスタリカと比較して
3分の1ほどの信じられないほどの物価の安さ。





nica15.jpg


ニカラグア人はどんな人たちだろうかと思っていたら
こちらもドミニカ共和国と同じく混血が多くみられる。


印象的だったのがニカラグアのおばちゃんたちが
こんなエプロンをつけているのを町でよく見かけた。


nica14.jpg


エプロンにはたくさんの大きなポケットがついていて
この中に電卓や本やリンゴなどいろんなものが入っていた。


市場の方へでかけると、観光地域とは全く違った
現地の雑多とした生活があふれていた。



nica18.jpg




市場の近くで現地の子供達をみかける。

nica21.jpg


恥ずかしそうにじっとこっちを見つめる子供たち。

世界共通で子供って素直で本当にとってもかわいい。
無邪気な笑顔をみせたり
たまに大人のような顔をしたりして驚かされる。



nica20.jpg



バス停がわからず迷子になったときに
一緒に歩いて連れて行ってくれた青年、18歳。



nica17.jpg






おみやげやさんのニカラグア人の女性。

nica13.jpg





ニカラグアにはカラフルな手工芸のおみやげがたくさんあって
皮製品なんて信じられないほど安くかわいらしいものが
たくさん売られている。

おみやげはどれもニカラグア人の手作りで
鉛筆の下書きの跡や
糸のほつれなど所々に
一生懸命さと温かさがにじみでている。

街にはたくさんのハンモック屋さんもみかける。


nica19.jpg



この国では主な交通手段のうちのひとつに馬車がある。

ドミニカ共和国でも馬はよく見かけるが
ここまで車と同じような感覚で
街に馬車が浸透しているのには驚いた。


nica16.jpg


そして街を走る公共のバスは
アメリカかどこかから寄付されたのか流れてきたのか
黄色のスクールバスなのがとてもおもしろかった。

ここはバスの停留所。



nica22.jpg


そして一番驚いたのが自転車をたくさんみかけた。
中南米で自転車を交通手段としてつかっているのは
とっても珍しいと思う。



nica23.jpg


ニカラグアは全く時間が足りず
まだまだ観足りなかった。
とてもおもしろい国だった。

たしかにコスタリカと比べて
隣の国に位置するとは思えないほど
貧しい地域も見られたが
ドミニカ共和国より発展しているような気もした。


もしかしたら私は想像以上に
中南米のなかでも発展途上の国で
生活しているのかもしれない。

ニカラグアには3日間滞在して
首都からパナマに向かう。


nica25.jpg


首都行きのバスの中で
肩に小鳥をのせた少女をみる。


nica24.jpg



首都は危険なので出歩くことはできず
タクシーで30分ほど空港までの間車窓を観光して
パナマへ飛行機で向かう。



スポンサーサイト

<< 日本へ一時帰国 | ホーム | 鳥になった日 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。