スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラテンダンス

帰国してからも、JICAの出前講座が続いています。

先日、母校、松山中央高校からの依頼で国際協力の講義をしてきました。
母校で講義ができるなんて私にとっては夢のような貴重な体験でした。


講話の最後に異文化体験でラテンダンスサルサを踊りました♪


サルサはカリブ海の島「キューバ」で生まれたラテンダンスで
8拍子のリズムに合わせて男女がペアでステップを踏む踊り。

中南米諸国以外にもアメリカ・ヨーロッパ
もちろん日本でも、世界中で踊られています。

今回は愛媛県在住のペルー人のマヌエルくんが友情出演してくれて
とってもたのしい講義になりました


マヌエルくんと私のサルサダンスのムービーはこちら♪

salsa



ちなみに中南米の踊りはサルサ以外にバチャータという踊りもあります。

バチャータはドミニカ共和国発祥の中南米諸国で踊られているラテンダンス。
ドミニカ共和国に住んでいた頃もラジオや道端で一番よく耳にした音楽です。
4拍子でゆっくりした音楽にあわせて男女ペアでステップを楽しみます。

男女がお互いの膝をあわせて軸にして踊るので
日本人からすると男女の距離感が近く感じるかもしれないけれど
ラテンの人たちにとっては自然な距離感なのです。


こちらは県内のイベントでバチャータを踊りました♪


バチャータダンスのムービーはこちら♪

bachata


サルサもバチャータも振り付けがないので
音楽を聴きながらリズムに合わせてステップを踏む
完全な即興ダンスです。


だからラテンの人たちは初めて会った人と踊りながら
名前を聞いたり、たわいもない話をして
どんどん仲良くなっていきます。


家族同士、友達同士、恋人同士、現地の人はどこでも誰とでも
こうやって毎日踊りを楽しんでいました♪


私もドミニカ共和国へ行くまではダンスなんて踊ったことかったし
興味さえなかったのに、帰国した今では踊っている時が一番楽しい!!!笑


そして仕事が決まりました!
3月から働きはじめます。
タイミングと運よく国際協力関係の仕事に就けたので
協力隊での経験を生かして働けるといいな。



スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。