スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本へ一時帰国

久しぶりの更新。
壊れていたパソコンがやっと修理から戻ってきたので
これからまた更新を再開しまーす。


こちらは今暑くて蚊が多い季節だけれど
私は元気にやっとります!

103_2061.jpg



こちらの家族もみんな元気!

IMGP0724.jpg


先月1週間ほど日本に一時帰国してました。



帰国の目的は1年ちょっとぶりに彼氏に会うことと
両親と妹をドミニカ共和国に旅行に連れて来ること。



今までこんな風に日本を1年以上も離れたことはなかったし
一週間の滞在のあとはすぐこちらへ戻ってくる予定だったので
「日本へ旅行に行く」というような初めての感覚で
すごくドキドキしてとっても楽しみだった。



プエルトプラタのこちらの家から愛媛の松山の家まで
移動だけでまるまる3日間かかった。
それはそれは遠かった・・・



成田空港に到着して、右をみても左をみても驚くことばかり。



まず、トイレの蛇口からお湯がでることに驚いた。
「・・なんでここでお湯!!?」とビックリ・・


しかも蛇口に温度調節まであって「ここで何のために温度調節!!?」
と、いちいち突っ込まずにはいられなかった。


こちらではトイレをする時に私は一度も便座に座ったことはないのだが
日本のトイレの便座はとても清潔でピカピカに磨かれていて暖かい温度が保たれている。


そこにはウォシュレットのためのボタンがたくさん並んでいて
水の温度から位置から強さまで全てお好みに調節可能・・・




日本は超先進国だと思った。




そしてこちらではトイレでは紙を流さずゴミ箱に捨てるので
トイレットペーパーを水に流すのにとても抵抗を感じた。


しかもトイレットペーパーの予備が3つも積んである。
予備があるなんてこちらでは考えられない。
そんな親切なことをしていたらみんなバックにいれて
トイレットペーパーを家に持って帰ってしまうから。


こちらで公衆のトイレなんていったら
トイレットペーパーだけでなく流す水や
トイレの扉の鍵がなかったりするし
時々とトイレの扉さえももなかったりするし
もっとひどい時は扉もない上に便器がバキバキに割れていたりして
ここまできたら笑うしかなかったりする。



それに比べて日本のピカピカに清潔で、親切で、とても便利で驚いた。

でもそれよりももっと驚いたことは
トイレを使った後は誰もがちゃんと水を流すこと。

予備のトイレットペーパーはちゃんと「予備用」として機能し
ウォシュレットの機械もトイレの鍵も誰かが壊すこともなく
その状態が当たり前に保たれていること。


列にはちゃんと並んで待つこと。

隙あらば人の物を盗んだり取ったりしないこと。

バスが時間通りちゃんと来ること。

案内に間違いがないこと。

道路に穴があいていないこと。

買い物をしたら「お釣り」がちゃんとあること。

ゴミをポイポイ道に投げ捨てないこと。

赤信号ではみんな止まること。

誰もが銃を持っていないこと。

売っているものが安全であること。



日本人誰もが常識として持っている「教養」のすばらしさ。
いま「日本に居る」ということだけで
すごく「安全」が保障されているような気がして
やっぱり日本はスゴイ国だと思ったし
なんだかホッとした。




空港からでてバスに乗ってみると
高層ビル、きれいな道路、自転車、電光掲示板
そしてたくさんの日本人・・
見るもの全てがとても新鮮だった。




でも、ドミニカ共和国にいるときのような日常はもちろん日本にはなかった。

道に腰掛けてのんびり風に涼んでいる人や

すれ違いさまに挨拶したりジョークをかわしたりすることはない。

公園で大声で歌を歌う人や昼寝をしている人

道路の真ん中で大の字のなって気持ちよさそうに寝ている犬もいないし

私の大好きなバチャータやサルサの音楽も

大きな笑い声もどこからも聴こえてこない。




一年以上ぶりの家族と彼氏との再会。
今回は時間がなくてたくさんの友達には会えなかったけれど
みんなとても元気そうで、会えてとても嬉しかった。


そして私は
「ドミニカ共和国かぁ・・・NYCがいいなぁ・・」
と、ブツブツ文句をいいながらも不安がる父と母と妹を連れて
ドミニカ共和国に戻った。初めての家族での海外旅行。



つづく・・・





★おまけ★
興味のある方は是非のぞいてみてね!




★世界一周したご夫婦で、旅を続けて5年目になる岡田さんご夫婦との出会い
プエルトプラタの街で旅を続けるこの夫婦に偶然街でバッタリ!

コチラ



★というわけで岡田さんご夫婦と一緒に楽しい一日を。
とっても旅行慣れしているお二人なので
旅の楽しみ方もブログの書き方も上手。
私の任地の様子もわかりやすく書いてくれています。

コチラ




★プエルトプラタ県内で、市内から車で15分ほど離れたムニョンという町に
宿を構えて3週間ほどドミニカ共和国に滞在していた
岡田さんご夫婦のお住まいへお邪魔して一緒に乗馬を楽しみました。



コチラ




★私の妹のブログ。
ドミニカ共和国から帰国した妹の感想が
とっても新鮮に綴られています。


妹のブログはコチラ!
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。