スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空手

ドミニカ共和国にきて3ヶ月が経った。

外国で日本の文化を学ぶことは私にとってとても興味深く
出国前からやってみたいと思っていた空手を始まることに!


とある空手教室を見に行ってみると
なんと彼らは数字や挨拶など日本語を使って練習していた。


お辞儀の仕方、正座、黙想、一挙一動がとても丁寧で
地球の反対側のこの国に空手という日本の文化が
こんなにも繊細な部分まで伝わってきていることに驚いた。



というわけで早速子供たちの大会のため
先週末首都へいってきた。



空手*会場2




国内大会なだけあって試合会場はこんなにも立派!
これがプエルとプラタの空手チーム。
12歳~18歳までの少年少女のチームでみんなとてもかわいい!


空手 016


この国には日本から松祷館という流派が主流のよう。
サポーターを買える裕福な家庭の子はしっかり足にサポターをまいていたが、お金のない子供はサポーターなしで試合をしていたのでとても危険に感じた。
それ以前に道着が買えないほとんどの子供たちが
大会にもでられないのが実際のところだ。
これが男子の組手試合風景。




空手 104




女の子もスゴイパワー!
この国では組手試合は帯の色は関係なく体重別でトーナメントになっているようだった。



空手 033



私の街から首都の会場までは車で5時間
往復10時間の貸し切りバスでの移動だったので
朝は3時起きで帰宅は夜の11時。
バスの中も合宿みたいでとっても楽しかった!


日本から空手経験者がきてるととても歓迎されて
たくさんの人と知り合いにもなれていい機会だった。


空手 085




とても楽しい一日だったが今日に至るまで
本当にいろいろなことがあってこの国の背景を垣間見た。


最初に観光省の検察官の人の紹介である貧困地域の空手教室を1つ視察に行ったが、そこは練習中に先生からケガを負ったと言って、生徒の親が先生に対してお金を請求したり脅したりという事件が以前に何度も起こっているということが後にわかった。
しかも夜はドラッグの売買が行われる地域であることも発覚した。


他の空手教室では、日本人の私の顔をみたとたん
「バスを一台買ってほしい」とお金の援助を求められたこともあった。



温暖な気候にとてもキレイな海
底抜けに明るいドミニカ人
きれいな公園や観光地に囲まれて生活にも慣れてくると
ここが発展途上国であることをフッと忘れそうになったりもする。



でもこの国は想像以上に相当貧富の差があるみたい。
興味深いこともたくさんあるけれどまだまともに言葉が通じない状況なので、情報収集しながら今後のことは慎重に決めていこうと身が引き締まった一週間だった。


といったかんじで、重たい腰を起こしていよいよ活動開始!
マイペースの中の最速でモリモリいきまーす!



















スポンサーサイト

国籍

この国では
初対面のドミニカ人に最初に「中国人?」と聞かれます。
次に「韓国人」そして最後に「日本人」。


やはりこの国での地方での日本人の認知度は低いんだなーって
思っていた矢先に・・


昨日立て続けに2回も
「ペルー人?」って聞かれて
びっくりして「違うっ!!」って否定したら



「あれ?インド人?」
って聞かれました。


この1ヶ月で私の顔は変わってしまっだろうかと
ちょっと心配している今日この頃・・・



それにしても暑さが日に日に順調に増して
最近は立っているだけでグッタリのぼせそうになる。



「南国の夏はやっぱりスゴイわ!」と
日中の暑さに悲鳴をあげている私に


ドミニカ人が一言
「まだ春だよ」


だそうです。


近況報告

久々の更新なので
近況報告でーす。


生活にはだいぶ慣れてきたものの
仕事に関しては苦しいスタートを切ってます。


というのは・・


私は今ドミニカ共和国プエルトプラタ観光省で働いていて
うちの観光省に毎日訪れる観光客への案内と促進が私の仕事。
といった要請内容で私は日本から派遣されたのですが


なんと・・・


うちの観光省に
観光客は一人も来ないということが発覚しました!
「えええ!?」ってかんじです!



じゃあ誰が訪れるのかここ数日観察していると
どうやらホテルやレストラン関係者が税金を納めに来たり
なんらかの許可を申請にしきたりといったかんじで
法的な事務処理をしにきている様子。



あるコンピューター隊員がコンピュータ指導のために派遣された国に
行ってみればその国にはコンピューターがまだ1台もなかった
という話を出国前に聞いたことがあったんだけど
ふとその話を思い出した今日この頃。。。


そんな話を聞いたときは
「へーそんなこともあるの、大変なのねぇー」
なんて完全ヒトゴトで欠伸かましてたけれど
まさか似たような状況が自分の身にふりかかるとはーーー!



さらに



私の配属先の観光省で一緒に働いている人たちは
税理士、建築士、弁護士、と主に法律関係で
観光に全く関係ない人たち 
だということが
最近新たに発覚しました。

またまたさらに「えええーーー!?」といったかんじ。




日本の会社で働いていた頃は

何不自由なく24時間「日本語」が使えて

「売る物」は決まっていて

指示してくれる「上司」がいて

自分の技術を教える「後輩」がいて

仕事の対照となる「お客さん」がいて

自分の「担務」が与えられていて

会社から簡単に移動ができる「電車やバス」があって

簡単に自分を説明できる社名入りの「名刺」があって

ありがたいことに自分の進歩状況を計る「ノルマ」があった。



ここには、日本で無条件にあったこれらが全部ない!
なもんで、ここにきて私の仕事は
「仕事を探すこと」から始まることになりそう!!



てなわけで
同期隊員が順調に活動を開始している一方で
私の腰の重たい性格も手伝って
モタモタと苦しいスタートをきっています。



この際もう「観光」の枠にとらわれず
ここで今何か自分にできることがあるか
ゴリゴリ粗探ししていく方向に決めたので
毎日ここにたくさん更新していきまーす!











ブログはじめます

青年海外協力隊として
ドミニカ共和国にきて2ヶ月あまりが経ちました。

とりあえず2年間は長いので
ブログを作ってみました。

これからここに
いろいろ書いてみようと思いまーす

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。